「タ」行

2011年11月22日 (火)

神羅万象キャラクターFILE[ダンスター]

麗鳥艶舞Fダンスター

一章 一弾 二弾 三弾 四弾
二章 一弾 二弾 三弾 四弾
三章 一弾 二弾 三弾 四弾
冨嶽 冨嶽
神獄 一弾 二弾 三弾
王我 一弾 二弾 三弾 四弾
ゼクス 一弾 二弾 三弾 四弾
七天 一弾 二弾 三弾 四弾

B2 【麗鳥艶舞(れいちょうえんぶ)F(フレイム)ダンスター:ZX066(S)/パワー14/ポテンシャル:A】
「全くもって御主人たまのおっしゃる通りですー♪」

【抑制状態】:ダンスター
A_3


名前:フレイムダンスター

性別:男

種族:魂獣

属性:朱雀

出身地域:魂獣界

能力:肉体炎化、物質融解

特技:華艶舞踊

神具:炎琴アメノウズメ

データ:魅惑の舞神。揺れる炎のように舞い踊る姿は、全ての者を魅了する。
地上界に住む魂獣は、数千年前の魂獣大戦においてマガツの転送門によって魂獣界から追放された何れも劣らぬ英雄達である。


【関連キャラ】
契約因使:マイト
カテゴリー「魂獣(朱雀)」:牙炎パティミカエラ又吉パルシオン、ロック、ヒューガ、イベリィ、ノイジー、ヒビキ、バージェラ、フレイムクロウ、ビルドル、ルチノ、フクモリ、フリント、バーディー


[補足:なし。]

2011年10月12日 (水)

神羅万象キャラクターFILE[ディグディグ]

ディグディグ

一章 一弾 二弾 三弾 四弾
二章 一弾 二弾 三弾 四弾
三章 一弾 二弾 三弾 四弾
冨嶽 冨嶽
神獄 一弾 二弾 三弾
王我 一弾 二弾 三弾 四弾
ゼクス 一弾 二弾 三弾 四弾
七天 一弾 二弾 三弾 四弾

B_6【ディグディグ:ZX017(N)/パワー2/ポテンシャル:D】
「ディグディグ、ディグディグッ!」


種族:外海獣

生息地域:外海(山岳地帯・地中)

特技:ローリング・ディグディグ

宝物:ギザギザ模様の鉱石

データ:頭部のドリルや爪で穴を掘って地中を生活する獣型モンスター。珍しい鉱石を数多くかくしもっている。ディグディグが地面を掘った穴は中に落ちるとなかなか這い上がれないほど深い。


【関連キャラ】
カテゴリー「外海獣」:ケロッタマジャンペーラアンガリーライナ・キロスリザーピオンゴードルシーガル


[補足:なし。]

2011年9月25日 (日)

神羅万象キャラクターFILE[ディオスクロイ]

G・ディオスクロイ

一章 一弾 二弾 三弾 四弾
二章 一弾 二弾 三弾 四弾
三章 一弾 二弾 三弾 四弾
冨嶽 冨嶽
神獄 一弾 二弾 三弾
王我 一弾 二弾 三弾 四弾
ゼクス 一弾 二弾 三弾 四弾
七天 一弾 二弾 三弾 四弾

DPhoto_27【G(ジェミニ)・ディオスクロイ:王我014(S)/レベル15】
カトル「あんた、俺達が子供だからってナメてない?」
ルクス「私達を見た目で判断すると痛い目見ちゃいますよ!」


性別:男(カトル)、女(ルクス)

種族:羅震鬼(王我血族)

出身地域:羅震獄

階級:皇導十二星卿(ゾディアックトゥエルブ)

必殺技:ディデュモイ双星拳

データ:「双児宮」の称号を持つ。風の魔力と二身一体の格闘術を操る享楽の武闘士。
マキシがモルテを託すのに相応しい人物かを試すために、一行の前に立ちはだかり、クレアと戦う。
決戦ではサン・モルテを真の主と認め、ディルクルムに敵対するも「捕食鬼手(プレデターハンド)」に吸収されてしまった。
カトル・ディオスクロイとルクス・ディオスクロイは双子の兄弟で、何をするのも常に二人一緒である。


【関連キャラ】
主君:モルテ
仲間(皇導十二星卿):メルサティムゲルハルトアクベンスオルテンシアアストレイアグラフィアスミリアムアルナスルアルゲティサダルメリクアルリスカ
敵対者:クレア


[補足:ジェミニはふたご座。ディオスクロイは双子のカストル・ポルックス兄弟の事。必殺技はふたご座のギリシア読み。]

神羅万象キャラクターFILE[ディルクルム]

曙光王ディルクルム

一章 一弾 二弾 三弾 四弾
二章 一弾 二弾 三弾 四弾
三章 一弾 二弾 三弾 四弾
冨嶽 冨嶽
神獄 一弾 二弾 三弾
王我 一弾 二弾 三弾 四弾
ゼクス 一弾 二弾 三弾 四弾
七天 一弾 二弾 三弾 四弾

A【曙光王(しょこうおう)ディルクルム:王我009(H[赤箔H])/レベル29】
「羅震帝サン・モルテの名のもとに、羅震王筆頭たるディルクルムが宣言する!この地上界を第二の羅震獄として我々王我血族が支配することを、諸君らに約束しよう!邪魔する者は誰であろうと容赦するな!」

B2【黎明王(れいめいおう)ディルクルム:王我088(H)/レベル50】
「今更こんな事を言っても信じられぬだろうが・・・私とて羅震鬼の未来を案じているのだよ!」


性別:女

種族:羅震鬼(王我血族)

出身地域:羅震獄

階級:羅震王・第一位

必殺技:聖天光覇ルシファーゲート/ゴールデン・ドーン

データ:現在(先帝マナフの死後)の羅震獄の実権を握る宰相で、最上位の羅震王。野心が強く、モルテを皇帝に据えての傀儡政権を目論む。平素は目を閉じており、その真の能力が明らかになっていない。
崩壊の一途を辿る羅震獄を捨て、新天地を求めて地上界侵略を開始。「浮遊島」を拠点とに、第一歩として羅震獄の”象徴”たるサン・モルテの保護をルキアとオデオンに命じた。
モルテの奪取に成功するも、オデオン戦死の報に王我血族は動揺する。次の手として「聖杯の塔」占拠を、絶大な信頼を寄せるバラガンに命じた。
それに並行してモルテを意思のない「操り人形」に洗脳しようとするも、ルキアの裏切りによって奪われてしまう。追撃をクローシェの飛空部隊に命じるも、ホウセンに合流されてしまい飛空部隊は全滅。
さらに「聖杯の塔」を攻めていたバラガンの部隊も撃破され、後がなくなったディルクルムは最強のネクロミノス率いる不死の軍団を投入。しかしネクロミノスも復活したマキシに倒されてしまう。
有力な部下を次々と失ったため、ついに自ら戦うことを決意。用済みとなった「浮遊島」を「聖杯の塔」跡地に落下させ、奇襲攻撃を敢行。自ら先陣に立ち、真の能力「蛇鬼眼」・「捕食鬼手」を解放し、「皇導十二星宮」を吸収。吸収した魔力の一部を配下の「曙光王親衛隊」に与えて、マキシウス・ゼロニクス・ホウセン・ルキアにぶつける。自身はモルテ・ジーク・ベルゼビュートらと戦い、敗北した親衛隊を吸収するとモルテに的を絞って攻撃する。それを阻止しようとするルキア・ホウセン共々モルテを吸収し、最後まで抵抗していた「四羅震将」をも捕らえ、ここに自分以外の全羅震鬼を吸収するに至る。
究極形態「黎明王」へと超進化し、禍々しくも神々しい姿に恐怖と絶望が交錯する。天地魔の連合軍を圧倒的な力で打ち倒したものの、最後に残ったマキシウスが仲間達に託された5本の剣によって「超煌神」へとパワーアップ。互いの力は完全に拮抗し、戦いは長時間に及んだ。勝負に出たディルクルムは全身全霊の必殺技を繰り出すも、同じく必殺技を放ったマキシウスに敗北。力尽きたディルクルムは、吸収した全ての羅震鬼を吐き出して静かに崩れ落ちた。
戦後、正式に羅震帝となったモルテに全ての罪を赦されて、引き続き宰相として仕える事を求められたが、ディルクルムは宰相の地位を固辞して王宮を去った。現在は贖罪としてゼロの下に仕え、彼の人柄に惹かれて結構幸せに暮らしているとか。
[補足:蛇鬼眼(ゴーゴン・アイ)]ディルクルムだけが持つ二大特殊能力の一つ。視線があった者の身動きを短時間だけ封じる事が出来る。ただし効果の持続時間は固体差があり、強大な魔力を持つ者には効き目が薄いらしい。特に羅震鬼に対して絶大な効果を発揮し、羅震王クラスでも最低5秒近くの時間を拘束できる 。
[補足:捕食鬼手(プレデター・ハンド)]ディルクルムだけが持つ二大特殊能力の一つ。手の平で触れた羅震鬼を体内に吸収し、己の魔力として変換することが出来る。非常に強力な能力だが、羅震鬼に対してのみ有効で、天界、魔界、地上界の生物には一切通用しない。


【関連キャラ】
標的:モルテ
部下(創造主):マーキュリー(メビウス)
部下(曙光王親衛隊):ティアムスガルジードシムルギアベリドルド
部下(羅震王):オデオンバラガンドロシークローシェネクロミノス
犬猿の仲:ルキア
敵対者:マキシウス
敵対者→上司:ゼロニクス


[補足:なし。]

神羅万象キャラクターFILE[ティアムス]

邪竜公爵ティアムス

一章 一弾 二弾 三弾 四弾
二章 一弾 二弾 三弾 四弾
三章 一弾 二弾 三弾 四弾
冨嶽 冨嶽
神獄 一弾 二弾 三弾
王我 一弾 二弾 三弾 四弾
ゼクス 一弾 二弾 三弾 四弾
七天 一弾 二弾 三弾 四弾

Photo_2【邪竜公爵(じゃりゅうこうしゃく)ティアムス:王我084(S)/レベル20→32】
「愚か者め!貴様等のような偽善者に、ディルクルム様のお気持ちなど理解出来まい!」


性別:男

種族:羅震鬼(王我血族)

出身地域:羅震獄

階級:「曙光王親衛隊」

必殺技:ヘルブレス・サイクロン

データ:「曙光王親衛隊」の隊員。ディルクルムが吸収した「皇導十二星卿」の風の魔力を分け与えられ、狂戦士と化す。消耗の少ないマキシウスに襲い掛かったが、彼を倒すだけの実力は無く撃破された。最後の力でディルクルムの元に集結すると、自らの肉体をディルクルムに捧げるのであった。
彼らなりに羅震鬼の行く末を案じており、前羅震帝サン・マナフの滅びを享受したかのような態度に疑問を持っていた。ゆえに過激でありながらも、羅震鬼存続の為に尽力するディルクルムを心から慕っている。


【関連キャラ】主君:ディルクルム
仲間(曙光王親衛隊):ガルジードシムルギアベリドルド
敵対者:マキシウス
吸収(風の魔力):ディオスクロイミリアムサダルメリク
カテゴリー「王我血族(一等階級)」:マグナードエクサノス
〔因子〕:ティアマント


[補足:名前はティアマットから。]

神羅万象キャラクターFILE[タナトリア]

屍廻仙タナトリア

一章 一弾 二弾 三弾 四弾
二章 一弾 二弾 三弾 四弾
三章 一弾 二弾 三弾 四弾
冨嶽 冨嶽
神獄 一弾 二弾 三弾
王我 一弾 二弾 三弾 四弾
ゼクス 一弾 二弾 三弾 四弾
七天 一弾 二弾 三弾 四弾

Photo 【屍廻仙(しかいせん)タナトリア:王我058(S)/レベル24】
「貴方達なら、私達の魂を屍鬼王から解き放つ事が出来るのかしら・・・もう戦うのはイヤ・・・イヤなのよ」


性別:女

種族:羅震鬼(王我血族)

出身地域:羅震獄

階級:屍廻仙

必殺技:滅殺・無双鳳仙花

データ:屍鬼王の反魂術で現代に蘇った700万年前の英雄。最高峰の黒魔導士として「三英雄」の一人に数えられる。
ネクロミノスの指揮の下、アスモディエスと戦う。ネクロミノスが死んだことで術の効果が切れ消滅。最期に旧友ホウセンと再会出来た事を喜び、微笑みながらこの世を去った。


【関連キャラ】
仲間(三英雄):ホウセンハーディアス
主人:ネクロミノス
敵対者:アスモディエス


[補足:名前はタナトスから。]

神羅万象キャラクターFILE[ドロシー]

博怜王ドロシー

一章 一弾 二弾 三弾 四弾
二章 一弾 二弾 三弾 四弾
三章 一弾 二弾 三弾 四弾
冨嶽 冨嶽
神獄 一弾 二弾 三弾
王我 一弾 二弾 三弾 四弾
ゼクス 一弾 二弾 三弾 四弾
七天 一弾 二弾 三弾 四弾

Photo_4 Ia Ib Ic 【博怜王(はくれいおう)ドロシー:王我036(H)/レベル10】
「アタシが崇拝するのは科学だけ!ディルクルムなんて知ったこっちゃないだわさ!」


性別:女

種族:羅震鬼(王我血族)

出身地域:羅震獄

階級:羅震王

必殺技:アリス・イン・ワンダーランド

データ:学者の家系を束ねる羅震王。地上界侵攻にも加担せず、北域の古代遺跡に眠る超技術の解析に没頭する。解析した超技術を応用してOZを開発したが、古の機界神ORIONも復活させてしまったのは失敗だった。
彼女の連れている三体の機獣はドジで役立たずだがOZには先輩として尊敬されている。


【関連キャラ】
創造:OZ
カテゴリー「羅震王」:ディルクルムオデオンルキアバラガンクローシェネクロミノス


[補足:名前は「オズの魔法使い」の主人公ドロシーから。三体の機獣もドロシーの旅の仲間がモチーフ。]

2011年9月24日 (土)

神羅万象キャラクターFILE[デイ・スイポー]

デイ・スイポー

一章 一弾 二弾 三弾 四弾
二章 一弾 二弾 三弾 四弾
三章 一弾 二弾 三弾 四弾
冨嶽 冨嶽
神獄 一弾 二弾 三弾
王我 一弾 二弾 三弾 四弾
ゼクス 一弾 二弾 三弾 四弾
七天 一弾 二弾 三弾 四弾

B 【デイ・スイポー:王我040(N)/レベル13】
「ヒック!酔う程に力が漲ってくるわい」


性別:男

種族:羅震鬼(王我血族)

出身地域:羅震獄

階級:三等階級王我血族(伯爵)

必殺技:泥酔豹淡拳

データ:伝説の酔拳の達人で、酔えば酔う程強くなるが酒が切れると非常に弱くなるため、常に酔っぱらっている。ひょうたんの酒は弟子のヌン・チャックが補充している。
デイ・スイポーに弟子入りできる条件は酒が飲めること。


【関連キャラ】
弟子:ヌン・チャック
カテゴリー「王我血族(三等階級)」:セコ・ズールプーディック


[補足:なし。]

2011年9月15日 (木)

神羅万象キャラクターFILE[テン・ネパーグ]

テン・ネパーグ

一章 一弾 二弾 三弾 四弾
二章 一弾 二弾 三弾 四弾
三章 一弾 二弾 三弾 四弾
冨嶽 冨嶽
神獄 一弾 二弾 三弾
王我 一弾 二弾 三弾 四弾
ゼクス 一弾 二弾 三弾 四弾
七天 一弾 二弾 三弾 四弾

Photo_2 【テン・ネパーグ:王我067(N)/レベル4】
「まだ早い!ここは一旦体勢を立て直すべきだ!!・・・年寄りは早いとこ引退してくださいよ!」


性別:男

種族:人間

出身地域:地上界・南域

階級:参謀

必殺技:パーマネント・ウェーブ

データ:ドン・キポーネと共に「聖杯の塔」を守護する若き参謀。先走る将軍を諌めフォローしている。将軍の悪口ばかり言っているが本当は彼を尊敬している。


【関連キャラ】
上司:ドン・キポーネ


[補足:天然パーマのもじり。]

神羅万象キャラクターFILE[ドン・キポーネ]

ドン・キポーネ

一章 一弾 二弾 三弾 四弾
二章 一弾 二弾 三弾 四弾
三章 一弾 二弾 三弾 四弾
冨嶽 冨嶽
神獄 一弾 二弾 三弾
王我 一弾 二弾 三弾 四弾
ゼクス 一弾 二弾 三弾 四弾
七天 一弾 二弾 三弾 四弾

Photo 【ドン・キポーネ:王我066(N)/レベル5】
「とうとうこの時が来たぞ!若いもんには任せられん!今じゃ、突撃ー!!」


性別:男

種族:人間

出身地域:地上界・南域

階級:将軍

必殺技:アックス・ボルケーノ

データ:「聖杯の塔」を守護する老将軍。昔は地上界随一の斧槍の使い手だったが、歳には勝てず、熱意だけが空回りし周囲を困惑させている。


【関連キャラ】
上司:ケンユウ
部下:テン・ネパーグ


[補足:モチーフはドン・キホーテ。]

より以前の記事一覧

このブログについて

  • ムシクイによる神羅万象に関する何かを記述するブログです。

    現在は「神羅万象キャラクターFILE」更新中。
    【神羅万象CFの目次】
    【神羅万象CFの見方】

    九邪戦乱はディケイド的展開になるみたいですね~。ギュウキ枠はありますかね。

    関羽<そんなものはない(画像略)



     [ムシクイ・オブ・ギュウキの肖像]
フォト
無料ブログはココログ

忍者カウンター